絶対上手くなるピアノ教室
*
ホーム > 出来事 > 空港滑走路と風向き

空港滑走路と風向き

もしも時間があったら、私は日本全国の空港滑走路について調べたい。航空機は、失速防止のため離着陸時は向かい風がよく、強い横風は望ましくない。空港を新規に開港する際は、現地の年間を通しての風向きを数年間にわたり調査し、滑走路の向きを考えるそうである。2500メートルの滑走路を一本つくるのにも莫大な資金がかかるため、地方空港は原則滑走路一本である。そのため滑走路の向きをどうするかということは非常に重要になってくる。苦労に苦労を重ねてつくられた滑走路。その向きは一番効率のいいものになっているのか。是非自分で現地に足を運び、地元住民、運行乗務員、空港関係者にインタビューしてみたい。 原一探偵 九州

関連記事

ピアノの弾ける賃貸マンション
娘が今年からフェリス女学院に入学する事になり学校の最寄り駅である緑園都市の賃貸物...
空港滑走路と風向き
もしも時間があったら、私は日本全国の空港滑走路について調べたい。航空機は、失速防...
ミュゼプラチナムの顔脱毛
「勧誘がない」ということで人気のミュゼプラチナム 気に入ったサロンに通いたいので...
テスト
テスト記事です。...